読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中田考『イスラーム生と死と聖戦』を読んだ

ISILについては前に『イスラーム国の衝撃』という解説書を読んでいたのですが*1、ISILについては専門的研究が確定しているというわけではないのだろうという素人並みの感想もあり、意見が偏らないためにも何か別の意見にもふれたいという思いがありました。かつ、「ではムスリムはあの集団をどう考えているんだ」という疑問もあったので、『イスラーム国の衝撃』同様、書店で手にとってそのまま購入したのが本書でした。

イスラーム  生と死と聖戦 (集英社新書)

イスラーム 生と死と聖戦 (集英社新書)

 

 この本は「中東国際問題の本」というわけではなく、日本人のムスリムによるイスラームの世界観の紹介と、その世界観に基づく政治観、そしてその政治観からしたISILの評価、という構成をとっていました。「ムスリムの声」というもの自体がなかなかふれがたいと思うのですが、この本は筆者が現代日本というバックグラウンドを持つがゆえに、特に現代日本に生きる人にとって疑問となる点についてよく答えてくれていたと思います。

イスラーム世界観全体の話についても「多神教アニミズムは違う(よって、たとえば神道イスラームの否定する偶像崇拝にはあたらない)」など興味深い話はありました。

が、特にISILに関する記述について感想を述べると、イスラームに基づく政治制度であるカリフ制とは何か、そのカリフが不在という現状がいかなるものかについて1章が充てられています。そして、その「カリフ制」の復活を掲げるISILについて、その理念については肯定できるとしつつも、実際におこなっていることからすれば「カリフ制の復活としては失敗しているのではないか」という総論賛成各論反対の結論が描かれていました。

この「カリフ制の復活という理念自体はイスラームからして肯定されるもの」という指摘は前掲池内にも共通する点ですが、やはりこの本の面白みは、その考えを実際にカリフ制復活を切実な問題として捉えているムスリムの視点から描いている点でしょう。たとえば、ISILの残虐性についての「戦時とはいえ、シャリーアの解釈が厳格すぎる」という表現は、ムスリムなればこそ出てくるものだと思います。

ちなみに、最後の解説は『イスラーム国の衝撃』の筆者、池内氏でした。この2人は実は同じ学科の先輩後輩らしいのですが、傍目になかなか熱い応答だな、と思いました。