4月10日ドラえもん感想

先日のドラえもんは「春だ!映画だ!3時間アニメ祭り 第2弾」ということで、クレヨンしんちゃんとあわせて3時間のスペシャルでした*1。ただ、全編を通してキャラクターの作画がいつもと違う?ような気がしました。

ちゃんとスタッフを確認したわけではないのですが、なんだかいつもと違ったような…… ともかく、その辺りは作画ファンの方にお任せして、いつも通り各ストーリーの感想を。

 

「あいあいパラソル」

のび太ひみつ道具でしずかちゃんを落とそうとする話の代表例でした。たいていは裏目に出てしずかちゃんが遠ざかるか、道具がもとではちゃめちゃになるわけですが、このお話は後者の例。

タケコプターでドラえもんが空からパラソルをかぶせようとしたりと、オチはそのままながらも全体的にドタバタ劇が盛り上がっていて、楽しい話でした。

先生の「武ちゃん!」、予想外の迫真の演技が見どころだった、かも?

 

「タイムマシンで犯人を」

こちらはタイムパラドックスものの名作。タイムパラドックスを回避する決定論、みたいな話をコメディにつめこんだ傑作でした。

原作との違いを強いて挙げるなら、ジャイアンが関わってきたこと? あとは、しずかちゃんの証言をスネ夫が図解したりと、ミステリとしての風味が効いていた気がします。ちなみに、昨日いっしょに遊んでいた学校の友人曰く、手塚治虫の『火の鳥 異形編』が構造としては同じような話らしいのですが*2タイムパラドックスというネタを10分ほどのギャグアニメに仕上げてしまうあたり、ドラえもんの真骨頂のような話だな、と思います*3

 

「ムシャクシャタイマー」

まず、のび太屈指の邪悪な名言「じゃあ、君をこわしても?」をしっかり映像化してくれたことに脱帽です笑 以前「ネズミとばくだん」の時は「ちきゅうはかい爆弾」がNGだったようなのですが、うーん、どういう基準なのでしょう……

あとは、しずかちゃん、謎の連鎖で町を破壊していましたが、どういう仕組みだったのか。いっそのこと、ジュドでも持ちだしてボタン1つでビルを煙にしても*4よかったとおもうのですが。

 

全体的に、名コメディ作品がテンポよくアニメ化されていて、メインはクレヨンしんちゃんだったのでしょうが、ドラえもんファンにも楽しい前半1時間でした。

 

ではまた。